冷え性の原因で、考えられること

冷え性の原因って何?

女性が冷え性になりやすい原因は?


diet

成人女性の2人に1人が冷え性に悩んでいるといわれるぐらい、冷え性に悩む女性は多いもの。自分で自覚していないけれど実は冷え性だった、というケースも含めると、女性の3人に2人は冷え性であるといえるかもしれません。

男性でも冷え性の人はいますが、圧倒的に女性のほうが多いのです。若い女性は比較的、手先や足先の先端部分の冷えが多く、ある程度年齢がいくとお腹や腰など、体の中心部の冷えが増えてきます。では、

女性が冷え性になりやすい、その原因とはいったいどういうものなのでしょうか?

● 筋肉量が少ない
私たちの体が温かいのは、筋肉が動くことで熱がつくられることによるもの。
女性の体は男性に比べてもともと筋肉が少なく、さらに筋肉がつきにくい構造になっているため、熱を作り出す力が弱く、冷えやすいのです。
● 月経による血液量の減少
女性は毎月の月経時に、多量の血液が失われます。血液には筋肉で作り出した熱を体に運ぶという重要な働きがあるので、血液の量が減ってしまうと熱が運ばれにくくなってしまい、冷えやすくなります。
● 子宮、卵巣の存在
女性腹部には子宮や卵巣など男性にはない臓器や器官が存在しているため、腹部の血流が悪くなりがちです。そのため熱が運ばれにくく、冷えやすくなります。
●ダイエットによるエネルギー不足
ダイエットで食事の量を減らしたり、野菜ばかり摂取して栄養バランスが乱れてしまうと、筋肉がさらに減ってしまい熱を作り出す能力もダウンしてしまいます。

冷え性の原因は、生活習慣にもあった!

 

syawa
冷え性は、単なる体質だと軽くみている人が多いのですが、冷え性は放っておくとさまざまな病気を引き起こす要因になります。

冷え性だからといってすぐに命にかかわるような危険が体に及ぶわけではないので、治療をしなければ、と真剣に考えない人が多いのですが、冷えも長年の蓄積から大病に及ぶことも少なくないのです。

冷え性の原因は、実にさまざまですが、日頃の生活習慣が原因となっていることもたくさんあります。生活習慣による冷えの原因をまとめてみました。

● 強い冷房
夏場に冷房は欠かせませんが、冷房を効かせすぎると自律神経が乱れて体温の調整機能が衰え、冷え性の症状が悪化してしまいます。自立神経が体温調整できるのは5℃以内なので、外気温と室内冷房の温度差が5℃以上にならないよう、冷房の温度設定を気をつけましょう。
● シャワーだけの入浴
忙しい、面倒などの理由でお風呂は湯船につからずシャワーだけですませる人も多いもの。しかし、シャワーだけの入浴は体が芯まで温められず、かえって冷えてしまいます。38℃程度のぬるめのお湯で10分から15分、ゆっくりじっくり、体を温めてあげましょう。
● 衣類によるしめつけ
足下が冷えるからと、ストッキングや靴下を履く人は多いのですが、しめつけの強いものを着用すると血流が妨げられてしまい、冷え性を悪化させてしまう恐れがあります。化学繊維の靴下はしめつけが強いので、絹や綿、毛などの天然素材で作られた緩めの靴下を選びましょう。トクに、絹の靴下は保温性に優れ、適度な湿度をキープする働きがあるのでおすすめです。